株式会社コネクション

めっき加工であなたの嬉しいを実現

メニュー

無電解ニッケルメッキ 株式会社コネクション

無電解ニッケルメッキの特性や処理のメリット、デメリットを紹介します。

こんなところにも無電解ニッケルめっき、無電解ニッケルめっきは意外な用途にも使われているんです。

無電解ニッケルメッキは、耐食性や耐摩耗性をはじめ、素材にさまざまな機能を付加することができる表面処理です。 無電解ニッケルメッキの適用範囲は広く、私たちが日常生活で使う意外なものにも適用されていることがあります。 それだけ、無電解ニッケルメ ...

めっきメーカーでは教えてくれない。さまざまな素材への無電解ニッケルめっきの前処理工程

無電解ニッケルメッキは、素材に通電することなく行うことができる表面処理です。 この方法を用いると、さまざまな素材をニッケル皮膜で覆うことができ、耐食性や硬度を付与することができます。 素材の種類としては、アルミニウムをはじめとして、鉄、銅、 ...

無電解ニッケルめっきが処理されてる製品。もう一度めっきすることはできるのか?無電解ニッケルめっきの剥離方法と再処理方法

さまざまな品物に行う表面処理。 無電解ニッケルメッキは、複雑な形状のものでも均一な皮膜で覆い、耐食性や硬度を付与することができ、広く使われる方法です。 しかし、そのような用途だからこその問題点もあります。 せっかく完璧に無電解ニッケルメッキ ...

無電解ニッケルめっきとはどんなめっき?電解ニッケルめっきとの違いも解説

無電解ニッケルメッキは、電子部品や精密部品、自動車部品などでよく使われる表面処理方法です。 無電解ニッケルメッキを扱う中で、時折電解ニッケルメッキと混同されるお客様をお見かけします。 よく似た名前で同じニッケルメッキですので、似たようなもの ...

無電解ニッケルめっきの剥がれる原因とは?密着性の評価方法をご紹介。

無電解ニッケルめっきは、素材に対して耐食性や耐摩耗性などの機能性を付与することができる表面処理です。 製品の機能性にとって、表面処理の品質はとても重要なものであり、十分に保証されたものでなければなりません。 一方、無電解ニッケルめっきには、 ...

無電解ニッケルメッキの処理温度で皮膜の性能に変化があるって本当ですか??

素材をメッキ液へ浸す作業は、メッキの工程の中でも最も重要なものです。 メッキ時の浴の条件は、そのメッキの性質も左右します。 メッキの処理温度も、メッキの重要な条件の一つです。 一般的な無電解ニッケルメッキの処理温度は約90℃であり、これは他 ...

黒色処理には様々あります。各種黒色処理と黒色無電解ニッケルメッキを徹底比較!

「黒」という色には不思議な魅力があり、同時に特別な性質もあります。 身の回りの製品やその部品を眺めていると、黒色をしているものも多いです。 単に意匠性の目的で黒くなっているもの、光の特性などを考慮して意図的に黒くしているものなどさまざまです ...

ニッケルめっきは、腐食や外的要因から守ります。尚且つ硬さなどの性能を向上させる事が出来ます。

物には必ず寿命があります。 どんな物でもできるだけ長持ちしてほしいと思う一方、特に金属製品などは、空気に触れているだけでも経時に伴って劣化(腐食)してしまうこともしばしばあります。また、化学的な影響がある環境では、さらにその劣化が進んでしま ...

めっき液は建浴直後から劣化するんです。更新直前のめっき液の状態は安定なのでしょうか?

無電解ニッケルメッキは、物質の還元作用を利用し、電極を用いずに製品にニッケル皮膜を生成させるメッキ方法です。複雑な形状でも均一な厚みでのメッキが可能なため、精密部品や電子部品などの硬度や耐食性の向上の目的で使用されます。一方、技術の環境への ...

アルミニウム素材への無電解ニッケルメッキの剥がれの原因にはどのような事が考えられるの??

機械加工した製品を硬度や耐食性向上の目的でメッキすることも多いと思います。 せっかくメッキに出した製品において、そのメッキが剥がれてしまうことは本来はあってはならないことなのでしょうが、稀に起きてしまうことがあります。このような事象は、メッ ...

アルミニウム合金素材

詳細はこちら

アルミニウム合金素材とは

詳細はこちら