株式会社コネクション

めっき加工であなたの嬉しいを実現

メニュー

無電解ニッケルメッキ 株式会社コネクション

無電解ニッケルメッキの特性や処理のメリット、デメリットを紹介します。

製品が腐食!膜厚未達が原因?大切な無電解ニッケルメッキの条件設定

無電解ニッケルメッキは、さまざまな材料の多様な用途で用いられる技術です。 耐食性や耐摩耗性が高く、皮膜の均一性も高いので、複雑な素材形状の製品でも有効性が高いです。 しかし、そんな有能な無電解ニッケルメッキでも、問題が起きてしまう場面があり ...

腐食とは?腐食による材料への影響と腐食を防ぐ方法

金属材料は世の中のさまざまな材料として活用されています。 そんな金属材料にとって、一番の敵は腐食と言っていいかもしれません。 鉄などが錆で赤茶色になっている様子を見ることがありますが、これも腐食の現象の一つです。 腐食とはどのような現象で、 ...

カニゼンメッキとは?無電解ニッケルメッキの違いは?

メッキの歴史は長く、最初にメッキの技術が登場したのは今から3500年前と言われています。 長い歴史の中で数々の技術が確立され、現在では一言にメッキと言ってもさまざまな種類があります。 メッキの種類などを調べているとよく目にするカニゼンメッキ ...

こんなところにも無電解ニッケルめっき、無電解ニッケルめっきは意外な用途にも使われているんです。

無電解ニッケルメッキは、耐食性や耐摩耗性をはじめ、素材にさまざまな機能を付加することができる表面処理です。 無電解ニッケルメッキの適用範囲は広く、私たちが日常生活で使う意外なものにも適用されていることがあります。 それだけ、無電解ニッケルメ ...

めっきメーカーでは教えてくれない。さまざまな素材への無電解ニッケルめっきの前処理工程

無電解ニッケルメッキは、素材に通電することなく行うことができる表面処理です。 この方法を用いると、さまざまな素材をニッケル皮膜で覆うことができ、耐食性や硬度を付与することができます。 素材の種類としては、アルミニウムをはじめとして、鉄、銅、 ...

無電解ニッケルめっきが処理されてる製品。もう一度めっきすることはできるのか?無電解ニッケルめっきの剥離方法と再処理方法

さまざまな品物に行う表面処理。 無電解ニッケルメッキは、複雑な形状のものでも均一な皮膜で覆い、耐食性や硬度を付与することができ、広く使われる方法です。 しかし、そのような用途だからこその問題点もあります。 せっかく完璧に無電解ニッケルメッキ ...

無電解ニッケルめっきとはどんなめっき?電解ニッケルめっきとの違いも解説

無電解ニッケルメッキは、電子部品や精密部品、自動車部品などでよく使われる表面処理方法です。 無電解ニッケルメッキを扱う中で、時折電解ニッケルメッキと混同されるお客様をお見かけします。 よく似た名前で同じニッケルメッキですので、似たようなもの ...

無電解ニッケルめっきの剥がれる原因とは?密着性の評価方法をご紹介。

無電解ニッケルめっきは、素材に対して耐食性や耐摩耗性などの機能性を付与することができる表面処理です。 製品の機能性にとって、表面処理の品質はとても重要なものであり、十分に保証されたものでなければなりません。 一方、無電解ニッケルめっきには、 ...

無電解ニッケルメッキの処理温度で皮膜の性能に変化があるって本当ですか??

素材をメッキ液へ浸す作業は、メッキの工程の中でも最も重要なものです。 メッキ時の浴の条件は、そのメッキの性質も左右します。 メッキの処理温度も、メッキの重要な条件の一つです。 一般的な無電解ニッケルメッキの処理温度は約90℃であり、これは他 ...

黒色処理には様々あります。各種黒色処理と黒色無電解ニッケルメッキを徹底比較!

「黒」という色には不思議な魅力があり、同時に特別な性質もあります。 身の回りの製品やその部品を眺めていると、黒色をしているものも多いです。 単に意匠性の目的で黒くなっているもの、光の特性などを考慮して意図的に黒くしているものなどさまざまです ...

アルミニウム合金素材

詳細はこちら

アルミニウム合金素材とは

詳細はこちら