Connection

メッキ加工であなたの嬉しいを

メニュー

Connectionの強み

アルミニウム大サイズ+高リン+超音波洗浄


近年、需要の高い半導体製造装置に合わせ、大きなサイズのアルミニウムに耐食性の高い高濃度リンのメッキを施し、さらに超音波洗浄を行い、梱包まで対応いたします。

  • 大きなアルミニウム製品も対応可能(最大実績 500mm×405mm厚み86mm)
    ※可能なサイズに関しましてはお気軽にご相談ください。
    製品の部分的なマスキング対応、研磨工程など対応可能です。 その他の材料についてもご相談下さい。
  • 耐食性を高める高濃度リン(11~12%)が可能
    高濃度リンの無電解ニッケルメッキ皮膜は、耐食性が向上するだけでなく、耐酸性が高まり、温度による非磁性の影響が出にくいなどの特性が得られます。
    低濃度リンの無電解ニッケルメッキ皮膜は、アルミニウムの腐食によるコンタミの発生や、黒く変色することにつながりやすくなります。
  • 半導体製品の精密洗浄、梱包まで対応
    半導体製造装置向け表面処理として、メッキ処理後、精密洗浄(クリーンルームクラス1000)ができます。

リンのパーセンテージが変更可能


リンのパーセンテージは、ご希望に応じて選択いただけます。

  • 高リンタイプ(11~12%)
    耐食性、耐酸性、耐塩水性に優れる。非晶質なため非磁性。
  • 中リンタイプ(7~10 %)
    汎用性が高い。特殊素材への密着性が高くなる。非磁性だが、熱処理を施すことで磁性。
  • 低リンタイプ(1~4%)
    耐食性が劣るが、特殊場合に耐食性を発揮。ハンダ付性に優れる。磁性。
無電解ニッケルメッキ(含リン率の違いによる皮膜特性)

精度の高い皮膜が可能


弊社の無電解ニッケルメッキは、精度の高い均一な膜厚を実現することができます。

無電解ニッケルメッキ実績

どんなアルミニウム合金にも対応可能


弊社では、独自の前処理と確かな技術力でどのようなアルミニウム合金素材にも対応可能です。他社で対応不可と言われた素材も、ぜひご相談ください。

アルミニウム以外の素材の含有量が高くなるほど、メッキ処理の難易度が高くなりますが、弊社ではアルミニウム合金材の性質に合わせて、適正な処理を施します。

アルミニウム合金材についてはこちら

独自の前処理によりはがれにくいメッキ

製品には、各種の加工がされ、その表面には様々な汚れがあります。酸化被膜や油脂、研磨剤、腐食生成物などが付着しており、これらの除去が不十分であると、メッキ皮膜の密着性が低下し、メッキ皮膜の剥がれや外観不良などさまざまな不具合を引き起こします。

弊社では、お客様の製品に合わせて、製品に付着した汚れを除去し、メッキ皮膜とアルミニウム素材の密着性を高める工程を行っております。弊社独自の前処理で、はがれにくいメッキ皮膜をご提供いたします。

量産型、少量多品種いずれにも対応

  • 量産型、少量多品種いずれにもスピード重視。1日でも速く、1時間でも速く納品できるようにいたします。
  • 半導体関連の製造装置などの少量多品種もお任せください。少量、小ロットも対応しております。1点からでも処理対応いたします。

スピーディー・レスポンスが速い!

  • ご質問の回答・お見積り・試作処理・量産対応などすべての面でスピーディー
  • 不具合対応
    品質などに不具合が生じた場合、問題を迅速に解決し、原因を追究します。他社での不具合等もお気軽にご相談ください。

試作、条件だし、プロセス開発はもちろんできます!


使用環境・目的に応じたメッキ加工の試作、条件だし、プロセス開発が可能です。まずは試してみたいという方、お気軽にご相談ください。

経営者インタビュー 元プロボクサー畑山氏に取材して頂きました。